ICHIKAWA CITY NET e-Monitor 市川市
eモニ インターネットとeメールを活用したコミュニケーションチャンネル 市川市e-モニター制度

令和2年度DVに関するアンケート
2021年03月16日08:58 現在
設問: 年代 有効回答者数: 1102名
選択項目 回答件数 割合  
10代 1件 0%
20代 23件 2%
30代 87件 8%
40代 253件 23%
50代 321件 29%
60代 177件 16%
70代 182件 17%
80代〜 55件 5%
不明 3件 0%

設問: 性別 有効回答者数: 1102名
選択項目 回答件数 割合  
男性 562件 51%
女性 538件 49%
不明 2件 0%

設問: あなたは、「DV」(ドメスティック・バイオレンス)を知っていますか。
※DVとは「配偶者(内縁も含む)や恋人などの親密な間柄にあるパートナーからの暴力」のことをいいます。
有効回答者数: 1098名
選択項目 回答件数 割合  
知っている 1031件 94%
言葉を聞いたことがある程度(→Q3へ) 62件 6%
知らなかった(→Q4へ) 5件 0%

設問: 【Q1で「知っている」と答えた方にお聞きします。】あなたがDVと認識している行為はどれですか。(複数回答可)
※市では、DVの形態を身体的暴力、精神的暴力、経済的暴力、性的暴力に分類しています。
有効回答者数: 1040名
選択項目 回答件数 割合  
殴る蹴るなどの身体的暴力 1032件 99%
無視、暴言などの精神的暴力 954件 92%
必要な生活費を渡さないなどの経済的暴力 897件 86%
性的行為を強要するなどの性的暴力 947件 91%

設問: 【Q1で「知っている」「言葉を聞いたことがある程度」と答えた方にお聞きします。】
あなたはDVを人権侵害だと思いますか。
有効回答者数: 1012名
選択項目 回答件数 割合  
思う 968件 96%
思わない 8件 1%
わからない 36件 4%

設問: あなたはこれまでに、配偶者(内縁も含む)や恋人からDVを受けたことがありますか。
※DVの種類についてはQ2をご覧ください。
有効回答者数: 1096名
選択項目 回答件数 割合  
何度もあった 61件 6%
1、2度あった 125件 11%
まったくない(→Q7へ) 910件 83%

設問: 【Q4で「何度もあった」「1、2度あった」と答えた方にお聞きします。】
あなたはこれまでに、配偶者(内縁も含む)や恋人からのDVにより、命の危険を感じたことがありますか。
有効回答者数: 229名
選択項目 回答件数 割合  
命の危険を感じたことがある 29件 13%
命の危険を感じたことがない 200件 87%

設問: 【Q4で「何度もあった」「1、2度あった」と答えた方にお聞きします。】
あなたはこれまでに、配偶者(内縁も含む)や恋人からのDVについて、だれかに打ち明けたり、相談したりしましたか。(複数回答可)
有効回答者数: 192名
選択項目 回答件数 割合  
配偶者暴力相談支援センター(婦人相談所等)や男女共同参画センターに相談した 12件 6%
警察に連絡・相談した 14件 7%
法務局・地方法務局、人権擁護委員に相談した 2件 1%
上記以外の公的な機関(市役所など)に相談した 6件 3%
民間の専門家や専門機関(弁護士・弁護士会、カウンセラー・カウンセリング機関、民間シェルターなど)に相談した 14件 7%
医療機関(医師、看護師など)に相談した 6件 3%
学校関係者(教員、養護教諭、スクールカウンセラーなど)に相談した 5件 3%
家族や親戚に相談した 45件 23%
友人・知人に相談した 45件 23%
その他(50字以内) 3件 2%
どこ(だれ)にも相談しなかった 107件 56%

設問: あなたは、市にDVに関する相談窓口があることを知っていますか。
※市には、配偶者暴力相談支援センターの機能を有する女性のための相談窓口があります。男性については、千葉県が実施する相談窓口を案内しています。
有効回答者数: 1097名
選択項目 回答件数 割合  
相談窓口をどのようなときに利用したら良いか知っている 126件 11%
相談窓口があることを聞いたことがある 691件 63%
相談窓口があることを知らなかった 280件 26%

設問: あなたはDVを許さない社会的風潮が高まっていると思いますか。
有効回答者数: 1097名
選択項目 回答件数 割合  
そう思う 557件 51%
そう思わない 305件 28%
わからない 235件 21%

設問: あなたは市のDVに関する相談窓口が充実していると思いますか。
※市には、配偶者暴力相談支援センターの機能を有する女性のための相談窓口があり、必要時、関係機関等と連携し横断的な支援をしています。男性については、千葉県が実施する相談窓口を案内しています。
有効回答者数: 1093名
選択項目 回答件数 割合  
そう思う 124件 11%
そう思わない 181件 17%
わからない 788件 72%

設問: あなたは市のDVに関する支援が充実していると思いますか。
※市では、主にDV被害者の自立や安全な生活及び、DV被害者に同伴する子どもの心のケアと心身の発達、入園・就学のための支援を行っています。
有効回答者数: 1097名
選択項目 回答件数 割合  
そう思う 112件 10%
そう思わない 186件 17%
わからない 799件 73%

設問: 市役所の内外において、DV根絶推進のための関係機関・関係部署相互の緊密な連携が図られていると思いますか。
※市では、関係部署が連携し、DV被害者に配慮した切れ目のない支援を実施しています。その他、警察や医療機関などの関係機関との連携も強化しています。
有効回答者数: 1095名
選択項目 回答件数 割合  
そう思う 109件 10%
そう思わない 200件 18%
わからない 786件 72%

設問: 市が策定している「第4次DV防止実施計画」には、9つの取組の方向があります。市のDV防止の取り組みの中で、今後、あなたが特に力を入れてほしいものを選んでください。(3つまで選択可)
有効回答者数: 1095名
選択項目 回答件数 割合  
DV防止の啓発 260件 24%
DV予防教育の推進 302件 28%
DV被害者の早期発見のための取り組み 488件 45%
市の相談体制の充実 223件 20%
DV被害者の安全確保 637件 58%
支援に関わる市職員の資質の向上 155件 14%
DV被害者の生活再建のための支援 241件 22%
DV被害者の子どものための支援 369件 34%
市や県の関係機関・関係部署の連携 124件 11%
その他(200字以内) 15件 1%
わからない 61件 6%

設問: 次の暴力等のうち、今後、あなたが解決に向け力を入れてほしいものを選んでください。(3つまで選択可)
有効回答者数: 1090名
選択項目 回答件数 割合  
若年女性の性暴力被害(JKビジネス、AV出演強要など) 314件 29%
セクハラ、パワハラ、マタハラなどのハラスメント 410件 38%
学校でのいじめ 665件 61%
ストーカー、つきまとい被害 315件 29%
児童虐待 614件 56%
障がい者虐待 166件 15%
高齢者虐待 204件 19%
家族間の暴力(児童虐待、障がい者虐待、高齢者虐待以外) 245件 22%
その他(200字以内) 17件 2%

トップページ お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 市川市のホームページへ
Copyright(C) 2013 Ichikawa City.all rights reserved.